味がわからなくな

味を感じなくなる?

不思議なもので、最初にタバコを吸い始めていた頃は「にがい、まずい」こんなイメージが合ったのですが、回数を重ねることで、感じなくなった。感じないことで、吸いやすくなる・・・変なものです。

 

たばこを初めて吸った時、苦いと感じたのは、苦味を感じる味覚、味覚が衰えてしまうことで、じょじょにタバコが吸いやすくなると言われています。実は、タバコを吸うコトで、五感が鈍るとも呼ばれ、料理人にとってはタバコを吸うことはタブー。

 

ベロの上に細かなブツブツがありますが、この部分を味蕾とよばれており、ニガミなどを敏感に感じることがわかっています。しかし、タバコのタールにより、細胞が狂ってしまうことで、味を判断することができなくなると言われています。

 

タバコはそれ自体に含まれる作用により、人間の内部を作り替え、ニコチンをさらに収縮しやすくなる。。みずからが中毒性症状を創りだしてしまうために、やはりタバコにはメリットがかなり少ないのがわかります。