栄養のないタバコ

恥じらいを捨て辞めるべき決断をすること

栄養分を目的として摂取していないのがタバコなんですね。だからタバコを吸う事において全くと言っていいほどメリットがないわけであり、たしかに吸う仕草は多少はカッコいいというイメージが有るかもしれませんが、そのかっこよさを意識するよりも、もっと違った部分に良さを求めるほうが良いのではないかと思う私でありますが、以前までは吸っていました。

 

確かにタバコを吸うという行為に多少に憧れを持つ人はいるかもしれませんが、吸うことによるメリットは全くと言っていいほどなく、デメリットのほうが多く、例えばお金がかかることと、体に対する負荷が多いことです。

 

薬を服用することにより効果とともに副作用が起こると言われていますが、これは求めている部分に対して作用が起こることと、他の部分に対しても作用が起こるために副作用が起こります。

 

タバコについては副作用しか起こらないために厄介なシロモノであり、長期間にわたり吸い続けることで、より一層の外が起こりやすくなるのも目に見えてきます。

 

タバコと聞くと肺がんのイメージが強いのですが、実際に肺がんによる死亡率が高く、発症してから死亡する確率も癌の中で一番高いことがわかっています。

 

 

だったらヤメればいい話なんですが、タバコには依存性が高いために、なかなか辞めることができないために、その領域から出ることができないために悩み込んでしまうわけなんですね。

 

そこでどうしても自分の意志では辞められない時にザイバンを利用するわけであり、うまく利用することで今まで悩まされていた部分を改善することに繋がるわけであるわけなんですね。

 

ザイバンを使えば、徐々にタバコの感覚が無くなるために、吸う行為が苦痛になってきますので、喫煙から禁煙の生枚入りに入ることができやすくなります。

 

ただし、辞めようという意志がないとザイバンを使おうとしません。この考え方があるかないかで変わるわけですね。