精神が弱いと辞められない

辞めるにはどうしたら良いのだろうか?

気軽に辞めれるのなら誰だった簡単にやめれるはずです。だけど、切り替えることができないために苦しんでしまい、長期間にわたりスパスパと吸い尽くすために、どんどんと入り込んで、大きな病気になってしまうわけです。それがタバコのほんとうに恐ろしいところであり、それはわかって入るのですが、それでも辞めることができない、タバコの怖い魔法なんですね。

 

っと、本当にわかっているのならきっとやめているわけであり、どこかで、悪いと思いつつも、「タバコを吸い続けても私の体には負担はかからない、たとえかかったとしても大丈夫」と、なんとも根拠もなく考えている自分がいるわけであり、こんな根拠の無いことを考えても意味が無いとは思っているのですが、やはり、先々のことを考えると、今の段階からタバコとの縁を切り、健康的な体を意識することは重要になるはずですが、そこら辺はわかって入るのですが、決断ができないわけです。

 

タバコの中に入っている有害物質の代表格がニコチンやタールです。もちろんその他にもタバコには成分がたくさん含まれており、体に対する悪い影響を与えてきますが、特に悪いのがニコチンやタールなんですね。

 

どうしてか?
ニコチンは禁断症状が出る上に植物性の物質を燃やすとかならず出るものなんですね。タールは発がん性物質がたくさん含まれているわけです。

 

これから先のことを考えても、かなりの負担になるために、しっかりとしたケアをしておくことが大事であり、一番早めることであります。

 

辞めたいという気持ちはあるものの、辞められないのは、精神の中で、弱い部分があるからだと重いますので、どうしても辞められない時にザイバンなどの専用の医薬品の手を借りて、精神とともに、薬の力を借りて、タバコとの関係を遠おくことは一つ大切なことになるはずであり、こういったことをどれだけイメージしてから進んでいくかが重要になります。

 

短期間でやめられるわけではありませんが、長期間を考えてから、少しずつになりますが、行っていくことが結果的につながってくるはずです。