タバコの依存スピード

タバコと依存との関係

私がタバコを吸う用になったキッカケは「カッコイイから」。この単純なことがキッカケで始まり、ニコチンがたまり、依存性が強くなり辞めることができなくなっていた。

 

たばこを吸いときに気になるのが、タバコの持っている依存性ですね。この依存性がなければ、そこまで悩むことなく、簡単にやめることができたと思う。

 

最初はこの依存性や、毒性に注意を払うことが大事。友人からのススメやアルコールなどで気分が高調している時に軽い気持ちで「一本すってみよう!!」ッて思うのはよろしくない。タバコに火をつける、その時も心のなかでは一本くらいじゃ依存することはないだろうという思いは禁物。

 

高をくくっているの中で、その最初の一本が間違いないはず。

 

タバコには密接に関わるのがニコチンです。この厄介なニコチンの依存のスピードはとても早く、最初の一本から、実は依存性を高めると言われています。そのために、軽はずみでタバコを吸うことはよろしくない。

 

一時間で体内のニコチン量は4分の1煮まで減少すると言われるが、残りは長時間にわたり残り、また「タバコを衰退!!」ッと思ってしまう。

 

そこから、じょじょにタバコを吸う事で、ニコチン量が増え、辞められなくなるわけです。

 

そのため、軽い気持ちでタバコを吸うことは危険です。