今はいいが先のことを考えると

タバコとの関係

たしかにタバコの吸い始めならそこまで先々の事は考えないのかも。しかし、5年後10年後を考えると、体に対してかなりの負担がかかってしまいます。このままタバコを吸い続けると、確実に体に大きな負担をかけてしまいます。

 

ニコチン、タール、一酸化炭素が体を踏み続けることで、怖いことが起こってしまう。
私がタバコを吸い始めたのが20代に入ってから、1年ずつ確実に体力が落ち続けて、最初は異変に気づかず、煙草の害は気づかなかったのですが、加齢に伴い体力の減少と考えていた。ですが、その間もニコチンが皮膚の体温を低下させ、タールが血管を汚染させてしまう。そうなることで、発がん性物質の確率を向上させる。

 

一酸化炭素が血管の壁を炒め続け、それでも進行が現れにくくなり、気づかない、本人は大丈夫と思っても、目では確認できないところでダメージを受けてしまい、健康診断で改善できないようなことがわかってしまう恐れが、、、。

 

過去を変えることはできないために、その手前の段階で改善をしておくことが大事。たしかに、禁煙をすることは簡単ではないのですが、ニコチンを含まない禁煙治療薬であるザイバンを利用すれば、以外にも簡単にたばこをやめることができるかもしれませんん。